アカデミーの特徴
ABOUT

アカデミーの特徴/ABOUT
伝統校だからこそ教えられるメイク理論と技術がここに。
嶋田ちあきメイクアップスクールは、ヘアメイクアップアーティストとして30年以上に渡って第一線で
活躍する嶋田ちあきが学校長を務めるメイクスクールです。
当スクールは、未経験者からサロン経営者、美容業界従事者など、これまでに
およそ3,000人が卒業し、プロのヘアメイクを輩出してきました。

嶋田ちあきメイクアップアカデミー7つの特徴

ヘアメイクアップアーティスト嶋田ちあきが直接指導!
ヘアメイクアップアーティスト
嶋田ちあきが直接指導!
女優やモデルのヘアメイクを担当するヘアメイク界の第一人者、
嶋田ちあきが直々に講義をし、メイク技術を余すことなく伝授します。
半年間でプロの技術を習得
半年間でプロの技術を習得
一人ひとりに目が行く届く少人数制のクラスで徹底的に指導。
半年間でプロの現場で活躍できるスキルを身に付けます。
少人数制のクラスで徹底的に指導
最先端の流行発信地「代官山」
最先端の流行発信地「代官山」
流行の先端をいくショップやレストラン、カフェが集まり、
雑誌やドラマの撮影も多い「代官山」。
今最も注目の街でメイク技術だけではなくセンスもアップ。
駅からも徒歩5分と、通学にも便利な好立地です。
流行の先端をいくショップやレストラン、カフェが集まり、
雑誌やドラマの撮影も多い「代官山」。
他にもこんな特徴があります!

講師はトップレベルのアーティスト

講師はトップレベルのアーティスト
TVや雑誌、舞台、ショーなどの現場で活躍する
経験豊富なアーティストが講師を担当。

少人数制の授業スタイル

少人数制の授業スタイル
一人ひとりに目が行き届く少人制のクラス。
毎回のレッスンで複数の講師が
丁寧に対応し、きめ細やかに指導します。

豊富な指導経験

豊富な指導経験
創設以来、約3000人の生徒を指導。
生徒の個性に合わせた指導方法で、
多数のプロフェッショナルを輩出してきました。

嶋田ちあきのメイク理論に基づいた教材

嶋田ちあきの
メイク理論に基づいた教材
嶋田ちあきがテキストを監修。
独自の理論で、基礎から応用まで
プロの現場で通用するテクニックが満載。

嶋田ちあきからのメッセージ

嶋田ちあきからのメッセージ

確かな技術を持った、プロフェッショナルを育てます。
一流のメイクアップアーティストになる。ヘアだけでなくメイクアップもできるようになりたい。
きっと、それぞれにいろいろな夢や目標があると思います。

僕、嶋田ちあきが、メイクアップアーティストとして30年以上にわたって第一線で活躍している
理由はなんだと思いますか。

一番の理由は「メイクアップの技術力」があるからです。

たくさんの人がプロになっては、廃業していく。非常に残念ですが、そうした姿をたくさん見てきました。
メイクアップで一流になる。そのためには、まず「メイクアップの技術力」が不可欠なのです。

スクールでは6カ月という短期間でメイクの技術を徹底的に指導します。道具の選び方、指先の使い方、
顔のつくり、手の動かし方まで。第一線で活躍するための、メイクアップテクニックのすべてを教えます。

あなたがメイクアップが好きで、本気なら、卒業後すぐに活躍できる技術力が身に付くように、私たちが
しっかり、ていねいに教えます。メイクアップをしたことがないという未経験者でも大丈夫。

嶋田ちあきメイクアップアカデミーでは、僕も講師もスタッフもみんなで、あなたの夢の実現を応援します。
嶋田ちあき

CHIAKI SHIMADA

学校長 嶋田ちあき

学校長
嶋田ちあき

演出家を志していた大学在学中にメイクアップと出会う。
1979年、アシスタント専任期間6ヶ月という異例の早さでプロデビュー。
ファッション、舞台、音楽などエンターテインメントシーンで活躍をしているトップクラスのモデル、女優、歌手からの指名が後を絶たない。
女性誌やヘアメイク誌で、一般の人たちにもわかりやすくヘアメイクの基礎を解説する一方、「一度見たら忘れられない印象的なメイクアップ」テクニックでトレンドを発信し続けるなど、読者から絶大な人気と支持を得ている。2002年、技術力のあるプロ育成にこだわった当スクールを開講する。

[公式サイト] http://shimadachiaki.jp/

メイクを仕事とする人に求められている事とは?

「感性」と「技術力」の2つがポイントとなります。感性はたくさんのメイクやそれに付随するもの、ファッションやアートなどを見て体験して、養っていくことが必要です。
技術を早く習得する方法は、高い技術力を有する人に直接指導を受けること。そして練習を重ねることです。そして練習を重ねることです。アカデミーでは生徒のみなさんにとってベストな環境、指導方法を学んでいただきたいと思っています。

メイクアップアーティストが持つべき
心得とはなんでしょうか?

これはあくまで僕の心得になりますが、「メイクされる人の個性を無視せず、活かすこと」を大切にしています。メイクは白いキャンパスに描くものではなく、人の顔があって、その上に重ねていくもの。土台を活かさずしていいものはできません。
メイクをする側の"こうしたい"という勝手なイメージで作り上げると、ナチュラルではなくなってしまいます。その人の魅力を最大限活かして、イメージする女性像にいかに近づけていくかが大事ですね。

生徒さんたちに指導をする際、
特に意識していることは?

"メイクの過程をしっかりと見て、なにが出来ているか、
なにが出来ていないのかを見極める"
アカデミーでは「実技中心の授業」と「少人数制」での指導を行っています。授業ではメイクの仕上がりよりも、ブラシの動かし方や立ち位置、モデルさんを見る目線などの過程を見て指導をしています。
実技過程をチェックして、どこまで出来ているのか、どこからがどう違うのかをしっかりと 見極め、一人ひとりに合わせた改善方法を指導していきます。
徹底的に実技にこだわった授業で、高い技術を習得してもらえるように心がけています。

KAORI OTSUKA

常任講師 大塚香織

常任講師
大塚香織

一般企業でOLをしていたものの、メイクのことがあきらめきれず、一念発起して 「嶋田ちあきメイクアップアカデミー」に入学。
卒業してしばらくした後、持ち前の明るさとメイクテクニックが認められ、アカデミーの講師となる。
「楽しく」「わかりやすい」のがモットーで、的確な講義が生徒の評判となっている。
教えることが大好きな将来有望若手アーティスト。

講師として心がけていること

楽しく学んでもらうことを心がけています。
さまざまな年齢、境遇の生徒さんがそれぞれの「思い」を胸に学びに来られます。
遠方から通う方も多いです。そのような中、嶋田ちあきをはじめとした現役の一流のアーティストから学ぶということで少なからず緊張もあるでしょう。
その緊張を緩和させリラックスした環境で、時には笑い合いながら楽しく学べる雰囲気づくりを大切にしています。

生徒に教えられること

何かを始めるのに遅すぎることはないということ。
さまざまな人生経験を経て、更なるスキルアップをめざすため学びに来られる方も多い中、人生において何かを始めようとしたとき、それが遅すぎるということは決してないこと。
そして、向き不向きを考える前にチャレンジすることの大切さを、自らの経験を通して伝えていきたいです。

嶋田ちあきの魅力

「感性」と「技術力」の高さはもちろんのこと、長年、第一線でアーティストとして活躍しているにも関わらず、それにあぐらをかくことなく日々新しいことを打ち出そうとする情熱。そして気さくな人柄。
更には、自分が培ってきた技術を生徒さんに惜しみなく教え学んでもらいたいという熱意のこもった指導とサービス精神の素晴らしさ。
まさしくヘアメイク界の巨星ですね。

TOMOFUMI ITOKAWA

常任講師 糸川智文

常任講師
糸川智文

ヘアメイク事務所Agate代表。
2001年より嶋田ちあき氏に師事。2004年に女性誌のヘアメイクからキャリアをスタート。独立を機に活動範囲を広げ、ファッション、ビューティー、カルチャー、コマーシャルなど様々なジャンル、様々な媒体での豊富な経験を持つ。近年は舞台、ミュージカル作品でのヘアメイクプランナーとしての活動に力を入れている。

代表作/学蘭歌劇帝一の國、ミュージカル刀剣乱舞、舞台パタリロ!等
幅広い守備範囲と理論的な技術解説が得意。

[公式サイト] http://ヘアメイク糸川智文.jp

ヘアメイクアップアーティストを目指す人へのアドバイス

才能や素質にばかりにとらわれることなく、失敗しても続けることが一番大切だと思います。 まずは動くこと。楽しむ事。そして、その勢いをキープすること。やる気でカバーできることも多いものです。
技術の習得には苦しいことも多いですが、テクニックは少しずつ身につければいい。
自分の「楽しい」「好き」が仕事になり、強みになる時がきっと来ます。
頑張って下さい!

メイクの道を志したきっかけを教えてください

出身がとても田舎の方で、おしゃれとは無縁の環境で育ったせいか、
雑誌やテレビで見るクリエイティブな世界に対して強い憧れがありました。
ファッションに関わる仕事をしたい、と高校卒業後上京して美容師の勉強を始めましたが、勉強していくうちにヘアメイクという仕事がある事を知って、興味を持ち、実際やってみたら強烈に楽しかったんです。

最新の技術、トレンドを追求するために心がけていることは?

トレンドは変わっていく価値観の共通認識みたいな物だと思っています。
流行りものを闇雲に追いかけると言うより、新しい情報をとりあえず自分の中に入れて「新鮮だな」とか「おもしろいな」とか「飽きたな」という感覚を大事にして仕事に反映させています。
技術面に関してはとりあえずやってみて、失敗して、考えて、またやってみる。その繰り返しです。

先生が考えるヘアメイクという仕事

「人を創る」と言ったらおこがましいかもしれませんが、
僕はそういう心持ちでヘアメイクに臨んでいます。
視覚的な印象をコントロールしてそのキャラクターの人格やバックグラウンドまでもを
写真や映像の世界に投影する。
つまり、視覚的なキャラクターデザインみたいな物だと思います。
ただし、表面的な変化に留まらず、メイク対象の内面的な部分にも強い影響を
与えるパワーがある事は日々実感しています。

TOMOFUMI ITOKAWA

常任講師 井丸真穂美

常任講師
井丸真穂美

やさしさと的確さで人気の講師。
2007年ミス・ユニバース優勝の森理世さんの国内選考会でメイクを担当。また、映像系から雑誌や広告の現場まで、俳優、タレントのヘアメイクを幅広く担当。
ヘアメイク学校講師としてのキャリアも豊富で、スクールでは生徒の皆さんに技術だけでなく進路面で役立つアドバイスも多い。

講師として心がけていること

生徒は、すでにプロとして働いている人から全くの初心者まで、
技術レベルも成長スピードもそれぞれ違うので、生徒一人一人の個性や
特徴を引き出し、アドバイスをしていくように心がけています。
また講師であると同時に第一線の現場に立つヘアメイクアーティストで
あることも忘れないようにしています。

生徒に教えられること

メイクを学んでいく過程で、少なからず壁にあたることがあると思います。そんな中で始めは他人同士だった同期生が、同じ目標に向かって進むうちにお互いを励ましあいながら壁を乗り越えて成長していく姿や、入学式では自信なげな表情だった生徒たちが、半年の期間の中で、頑張った分の成長と自信が顔に表れて輝いている姿みて、 自分も卒業生の一人として初心を忘れてはいけないと思っています。

嶋田ちあきの魅力

デジタル化で簡単に写真が修正できる時代に、どんなアップにしてもまつげ一本まで美しく、なおかつ、作品で人に感動を与える的確な技術とすばらし感性の持ち主。
どんなことにも一切妥協をせず、人間的にも誰に対しても謙遜で知れば知るほど魅力的な人です。

YUDAI MAKINO

ヘアメイクアップアーティスト 牧野裕大

ヘアメイクアップアーティスト
牧野裕大

国際文化理容美容専門学校卒。嶋田ちあきのアシスタントを経て、雑誌、イベント、メイクレッスンで活躍中。モデル、女優、タレントから高い技術と魅力を最大限に引き出すメイクで評判になる。

[公式サイト]
http://www.vierge.jp/artist_03.html

[Instagram]
yudai_makino

ヘアメイクを志す人たちへ伝えていきたいこと

メイクは、追及すればするほど楽しく、たくさんの表現方法があります。
ヘアもメイクもまずは、できるだけ引き出しを沢山作ること。
やればやるだけ楽しい仕事だと思います。ぜひその楽しさを伝えたい。

メイクの最新技術やトレンドを追求するために
心がけていること

僕は
歩くこと。
色々なものを見ること。
色々な人と話をすること。
メイクや洋服だけじゃなく、一見,全くメイクに関係のないように思えるものも、それがそうなった理由を頭で考えてみたりするようにしています。
要はメイクと一緒で、できあがるまでの工程の想像ですね。

嶋田さんの魅力とは

時代を作ってきたヘアメイクアップアーティストとして、流行や空気感を瞬時に読み取り、取り入れ、そのものの最高の状態を作り出す。
ただ一言、ザ・アーティストじゃないですか。
やっぱり。

生徒に伝えたいこと

嶋田さんの技術はもちろんのこと、時代にあったメイクを肌で感じて表現するとか、空気感を瞬時にキャッチするとか、実際に僕が現場に出て経験したこと、ヘアメイクのリアルもお伝えしていきたいと思います。

YUYA

教師授業風景写真01

ヘアメイクアップアーティスト
YUYA

嶋田ちあきメイクアップアカデミー卒業後、嶋田ちあきがプロデュースするヘアサロン「vierge hair」でのスタイリスト勤務をはじめ、岩尾清司のアシスタントを経て現在に至る。日本ヘアメイクアーティスト協会(JHMAA )ゴールドライセンス保有。

[公式サイト]
http://www.vierge.jp/artist_04.html

ヘアメイクを志す人たちへ伝えていきたいこと

技術はもちろんのこと、現場で心がけている事や、気をつけている事など、技術以外のお話もできたら良いなと思います。

メイクの最新技術やトレンドを追求するために
心がけていること

コレクションや、自分のやってみたい方向性のメイクの載った雑誌やSNSを確認し、常に最先端を知ること。
メイクアイテムを見て質感のチェックをすること。
様々な業界の人との意見交換など積極的に人と接すること。

嶋田さんの魅力とは

一言でいうと、常に進化している人。

今までで一番がんばったこと、嬉しかったこと、
悔しかったことなど

現場に行ける事に嬉しさ、喜びを感じ、失敗のないように、前日から準備やイメージトレーニングなどをする事で自分の気持ちを高める。
仕事が終われば、自分の出来に満足せず、もう少しこうした方が良かったかなと振り返って,次に生かしていく。この繰り返しかな。